駐日教皇大使からの手紙 新型コロナウィルス感染症に伴う試練の時、四旬節、3.11東日本大震災にあたり、フランシスコ教皇からの祈り

四旬節の季節にあたり、また、新型コロナウィルス感染症に伴う試練の時にあたり、フランシスコ教皇が司教様方とカトリック共同体の司祭、修道者、信徒の皆さまに心を寄せ、祈りのうちに共にいることをお伝えしたく、お手紙をお送りしております。

2020年の四旬節のテーマは「聖霊によって新たにされる」です。このテーマはフランシスコ教皇の使徒的勧告『喜びに喜べ』からとられたものです。四旬節はいつもにも増して祈りを深め、回心し償い、助けを必要としている兄弟姉妹に連帯し、復活祭に向け準備をする時です。復活祭はキリスト者の生活の中心的な神秘です。この感染症の危機に直面し、聖パウロの言葉を思い起こしましょう。「今やわたしは、あなた方のために苦しむことを喜びとし、キリストの体である教会のために、キリストの苦しみの欠けたところを身をもって満たしています。」(コロサイの信徒への手紙1章24節)

フランシスコ教皇は昨年11月の日本への司牧訪問を感謝のうちに思い起こされています。そして、今日3月11日に三重の被害(地震、津波、原発事故)をもたらした東日本大震災から9年目を迎えるにあたり、教皇は犠牲者の方々のために祈り、この惨事に見舞われ今も困難の中にある家族の皆さま、またその方々を支えておられる皆さまに心を寄せておられます。

3月13日はフランシスコ教皇がローマ司教および教会の最高の牧者として選出された記念日で、7年目を迎えます。カトリック共同体の皆さん、どうぞフランシスコ教皇のためにお祈りください。

実りある四旬節となりますように。司教様方との主においての兄弟的なつながりを新たにしながら。

キリストにあって、心を込めて、
ジョセフ・チェノットゥ
駐日教皇大使